全力に動く男たかやんの、イベントで世界を変える方法

マルシェでみんなを笑顔にする物語

名古屋を中心にマルシェを展開してるやつのドタバタ珍道中!

明日はキャンプ

この記事をシェアする

こんばんは(*^-^*)今日は雨降りですね・・・

地元の電車が停電でやられてました……

 

それはさておき、タイトルのキャンプは山にキャンプしに行くわけではありませんよ('ω')

 

研修の名前です!

なんだか楽しそうな名前ですが、内容はガチ。みんな自分と向き合います。

 

そしてたかやんは、明日から二日間研修のアシスタントとして動きます。

内容は非公開なので言えませんが、企業さんからの業務委託という形で連携をとっていきます。

 

ここまで準備に研修のために2か月費やしてきましたが、自分の中で今回はすごい転換期で、色んな仕事をしつつの同時並行で進めていたので、なかなかMTGに参加できなかったり自分の中での壁と戦っていたりしました。

 

「壁」の画像検索結果

 

でも、ここを乗り越えたら絶対成長できるな!と思いました。その中でのいくつかの大事なことに気づいたので書いておきます!

 

① 仲間の存在

「仲間 イラスト」の画像検索結果 

 

ひとりでなんでもやろうとしていた時期があって、結果、オーバーヒートして熱がでた時がありました。

めちゃくちゃ怒られました。仲間たちから(´゚ω゚`)

 

「みんなに頼れと」

 

それをきいて、いろいろ抱え込んでいたな・・と思いました。自分の中でできることより多くのことをやろうとしていたことにそこで気づいたのです。

そこから仲間との連携を取り始めすごく楽になったし、効率も上がりました。

 

② 自分でできることを考える

 

「考える」の画像検索結果

 

他の仕事でなかなか研修のほうに余力を回せなかったとき、今自分にできることは何かを考えられるようになったことです。

 

今までならこの仕事があるから違うことはできない。っていう思考回路でした。

でも、その中でどうすればそれをできるのかを考えられるようになり、その行動を起こせられるようになりました。

 

皆さんの中にもありませんでしたか?

 

ゲームがしたい!でも、宿題が終わらない!

ならどうやって宿題を終わらせてゲームをするか!

 

みたいな感じです(*'ω'*)

 

③ 仲間のために動く

 

先日、師匠の一人から言われたことがありました。

 

「たかやん、みんなのために動いてる??チームって何?」

 

自分としては動いていたつもりでしたが、全く動けていなかったのです。これまたあるイベントのチームで動いていた時に仲間の危機があったのです。

 

その仲間たちが壁にぶち当たり困っていた時に何も動けなかった。

チーム!だとか、みんなで協力して!とか言っていたのに動けなかった。

 

f:id:himitunootikara:20181015141608p:plain

 

でもそこで気づき、そこからは何か違和感があればすぐ駆け寄るようになりました。

 

以上この3つが自分の中での今回の気づきですね。

 

自分が動くからこそ見えくるものがある。

 今回の研修も絶対成功させます!!

 

ではでは、アデユー('ω')ノ