全力に動く男たかやんの、イベントで世界を変える方法

マルシェでみんなを笑顔にする物語

名古屋を中心にマルシェを展開してるやつのドタバタ珍道中!

伝統工芸の行く先・・・

この記事をシェアする

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今日もせっせとブログを書くでございます!

 

 現在、みんながやりたいことをやる世界を作るべく奮闘しているたかやんですが、伝統工芸についてもうまく組み合わせできないかな?と考えておるわけです!

 

というのも、日本で代々伝わってきている伝統工芸は深刻な後継者不足に悩まされています。

 

伝統工芸の生産高、従事者数、企業数推移グラフ画像引用先:https://shikinobi.com/traditionalcrafts-info様

 

上のグラフをご覧いただくとわかると思いますが、S49から衰退の一報を進めているわけです。これはやばい・・・

たかやんの地元、岐阜にもいくつかの伝統工芸があります(*'ω'*)

有名ところは、

 

関の刃物

「関 刃物」の画像検索結果

 

岐阜提灯

「岐阜提灯」の画像検索結果

 

飛騨春慶

「飛騨春慶」の画像検索結果

 

美濃和紙

「美濃和紙」の画像検索結果

 

一位一刀彫

「一丁一刀彫」の画像検索結果

 

などですね!

ちなみに岐阜県の伝統工芸従事者は京都、石川に次いで3番目(*'ω'*)

でも8300人ほどです。

 

昔はもっと多かったようですが今かなり少なくなっております。

 

その理由として挙げられるのが時代の変化があります。

 大量生産品を安く購入したいという人が多い今、職人さんがひとつひとつ丁寧につくる伝統工芸品は値段が高くなってしまうことが多く、売れないことから仕事にしたくてもできないことや、修行に時間がかかる場合が多くその間に自分が飯を食えなくなってしまうことから断念せざるをえないという状況です。

そんな事で後継者問題や、存続そのものが怪しいという問題に発展しています( ˘•ω•˘ ).。oஇ

 

補助金もあるのですが、これは依存になってしまいよろしくない!

 それに世界に誇る日本の伝統を守る!

 

「守る」の画像検索結果

 

 

ということで、目を向けた先があります!

 

それが、

 

①外国人向けのものを作る

②あえて高級路線で行く

③女性の活躍

 

です('ω')ノ

なんか、すごそうですね!これを今回続きで話してもいいのですが、それだと面白くないので・・・

 

これはまた次回に!(^^)!

 

ではでは、アデユー(/・ω・)/